キャッシングに関する審査や特徴、オンラインや携帯からのアクセス操作も簡単にできちゃうオンラインページおすすめ情報掲載中!誰でも簡単主婦にも人気の高いオンラインキャッシング審査ページです。

キャッシング審査ネットで簡単5分で申し込み

申し込みから審査の流れ

受付から審査開始までの項目

2016年05月26日 10時45分

では実際にキャッシング審査の流れをここからは見ていきましょう。まずは受付です。あなたが申し込んだ詳細データをオンラインにてチェックします。郵送で申し込んだ場合は項目に記入漏れがないかなどをチェックしていきます。申込者の氏名、住所、連絡先、勤務先、勤務先電話番号、家族構成、年収、居住などそのチェック項目は多岐にわたっているのです。それらに不備がなければそのまま審査部門へとデータが移行されます。何か不備があったり記入漏れがあった場合は本人へ確認の電話が入るようになっています。再度申込しなおしたり書き直すために返送したり、ということはまずないといってもおかしくないでしょう。申込は、自分のことを知ってもらう大事なはじめです。できるだけ詳細に、不備がないように入力や記入をしましょう。キャッシングの場合、一番重要視しているのは他社から借り入れがいくらあるかです。0件0円なら何も問題ないのですが、結構ここを偽って書く方が多いのです。申込者は少しでも多く融資してもらいたいのは当たり前ですから。でもその情報は審査開始するとすぐにわかってしまうものです。偽らずにきちんと明記しておいたほうがいいでしょう。特に消費者金融ではこの他社借り入れによって総量規制に該当するかを判断しているのです。限度額いっぱいの申し込みをしても審査の段階でそれが減額になることはよくある話です。以上が申込から審査開始までにキャッシング会社がチェックしている項目などです。

審査に必要な資料

2016年05月26日 10時45分

申し込みや審査を受ける際の資料として必要なものを挙げていきます。まずは本人確認書類です。一番効力があるのは運転免許証です。次に健康保険証です。健康保険証の場合は住所や名前を確認できる公共料金の明細を一緒に提出しないといけない場合もあります。各種障害者手帳なども会社によっては本人確認書類として認めている場合があります。もしあなたが100万ないし200万以上の融資を申し込むなら所得証明書が必要となってきます。これは役所で簡単に交付してもらえるもので、あなたの1年間の収入が明細となって発行されるものです。これらの各種証明書を元に審査は始まるのです。1点でも漏れがあったりすると審査ストップで再提示を求められる場合がありますので申し込む際にはどんなものが必要なのかをよく確認した上で申し込むといいでしょう。本人確認書類は今ではいろいろなものが認められるようになってきました。例えば住民基本台帳カードなども本人の写真が入っているものを持っていれば本人確認書類として認めている会社も少なくありません。なぜ健康保険証には公共料金の明細が必要になってくるのでしょう?答えは、なりすましがあるからです。健康保険証には写真を貼るスペースがありませんし、役所の窓口に行けば誰でも発行してもらえるものです。ですから、本人であるという確認のために公共料金の明細書を添付してといわれるのです。このようなものを準備して、後は審査開始を待つだけです。

各社独自のマニュアルでスピード審査

2016年05月26日 10時45分

キャッシング各社には、それぞれ審査をする際のマニュアルがあると聞きます。もちろん審査のときにはそれを使いますし、申込段階でお断りをする際にもそのマニュアルが必要となってくるのです。その内容は各社さまざまですが、審査をスムーズに進められるように各社いろいろと工夫しているのでしょう。マニュアルがなかったころは信用貸し、申込者本人との対話で融資枠や金額が決定していたと聞きます。今は無人契約機にでも行かない限り申込者と対面で話をすることは出来ません。ですから、会社によっては電話にて再度申し込み確認を取ったりするようマニュアルに定められている場合もあるのです。もちろん審査の際にはこのマニュアルが役に立ちます。この人の場合はこのパターンで、といったような審査を進めるのにマニュアルが必要となっているのです。たとえば、この人はインターネットで申し込みをしてきたけど無人契約機に来てもらって再審査をしよう、というような場合の判断材料として使っているのです。後はこの人は信用情報機関のある部分に該当しているから問題あり、という判断をするときにも役に立つのです。だからスピード審査が可能なんですね。もしこのマニュアルがなかったら、必ず対面でその人の言い分を聞いたりしなくてはならないのでかなり大変でしょう。オンラインで申込から審査完了まで完結するためにマニュアル化して、少しでも申込者へ融資をすべく各社努力しているのです。

申込者に対しスムーズなのが特徴

2016年05月26日 10時45分

先ほど各社にはマニュアルがあると書きました。どの会社にもマニュアルはありますが、冊子ではなくほとんどの会社はデータベースとして利用しているのではないでしょうか?例えばAさんが申込をしました、名前と生年月日を元に信用情報機関へ簡単にアクセスできるようなシステムになっていたり、この人は過去に問題があるなど瞬時にわかるようにしているのです。そのため、最高でも即日の融資が可能となったのです。もちろん、込み合っているときは翌日になってしまうかもしれませんが、信用情報機関への照会が出来る時間まではどんどんデータベースを使って簡素化されたマニュアルに沿って審査作業を進めているのでしょう。また瞬時で審査結果を出しているキャッシング会社もあるのですが、そこの会社では信用情報機関の情報があらかじめインプットされていて、申込者が入力するだけですぐに照らし合わせができるのでほぼ瞬時の回答が出来るようになっているのでしょう。このように、各社のマニュアルはもう電子化されているといっていいのではないでしょうか?もちろん、各社のスタッフもこのマニュアルを常に新しいものに変更する手間がかかりますが、それでも申込者に対しスムーズな回答をするために日々努力をしているのだと思います。データベースになったマニュアルのチェック項目で問題が出た場合は即連絡が出来るようになっているのも特徴なのでしょう。キャッシング会社ではこのようにして審査を進めているのです。

携帯からの申し込み法

2016年05月26日 10時45分

審査結果はどのようにして申込者に連絡があるのでしょうか?最近のキャッシング会社はほとんどがメールにて回答を出しています。なぜかというと、スマートホンや携帯電話から申し込む方が増えているからです。いちいち電話する必要もないですし、結果の文章をテンプレート化しておけば即座に申込者に連絡ができるわけです。これもマニュアル化された結果だと思います。審査中の諸問題への解決には電話が必要となる場合もありますが、ほとんどのところはデータベースではじかれれば融資申し込み審査ストップとなり、再審査するのか申し込みお断りのメールを送信するかを即座に決められるようになっているのでしょう。また、結果だけはいまだに電話にて連絡している会社もあるようです。各社ばらばらですね。もしメールで結果が分かれば、申込者が例えば勤務休憩中に融資申し込みをしていても誰にも気づかれませんし、審査結果も携帯電話やスマートホンのメールへ来るので人知れず結果まで知ることが出来ます。もし電話がかかってきても最初は個人名で連絡が来るそうですので安心ですね。そこで電話に出られなければ後からかけなおせばいいでしょうし、メール送信に切り替えてくれるかもしれません。このように、審査結果の通知は電子メールで送信が一般的になってきたようです。もう電話連絡は古いのです。スマートホンで申し込んでスマートホンで結果を知るこんな便利なキャッシング、一度利用してみてはいかがでしょうか?