キャッシングに関する審査や特徴、オンラインや携帯からのアクセス操作も簡単にできちゃうオンラインページおすすめ情報掲載中!誰でも簡単主婦にも人気の高いオンラインキャッシング審査ページです。

キャッシング審査ネットで簡単5分で申し込み

信用情報機関への照会もスムーズに

信用情報機関を元に審査がおこなわれます

2016年05月26日 10時43分

信用情報機関とは、個人の年収などの情報を扱う機関で、国内にもいくつか存在しています。キャッシング会社は必ずこの信用情報機関に加盟していて、審査の判断材料のひとつとして利用しているのです。ここで調べれば、個人のいろいろな情報が瞬時に見ることが出来ます。詳しいことは後ほど触れるとして、信用情報機関のことについて紹介していきましょう。信用情報機関の原点はアメリカにあります。それまで信用貸しだったキャッシングですが、延滞や支払い遅延などが目立つようになって来ました。それで、この信用情報機関を日本にも作ることにしました。ここのデータベースにいろいろな情報載せて開示することにより、各キャッシング会社も容易にその人の信用情報を知ることができるようになったのです。この信用情報機関はキャッシングだけでなく、クレジット会社の信用情報を紹介する際にも利用されています。またそれ以外にも照会をかけている会社もあるようです。このように、信用情報機関はいわばあなたの信用がどれだけ保証されているかを知るバロメーターになるのです。信用情報は悪い履歴があったりすると長く残りますので注意が必要です。また一時的に掲載を希望する会社もあるようですのでいつまでも残っているかというとまたそうでない場合もあるのです。キャッシング会社は、この信用情報機関の情報を元にキャッシング審査の材料として利用しているのです。皆さんも知識として知っておいたほうがいいと思いますよ。

どのようなデータを扱っているのか

2016年05月26日 10時43分

信用情報機関は、個人情報のあらゆるものを扱っています。例えば、その人の年収であったり勤務先であったり、クレジットの利用履歴やキャッシングの申込履歴、しいては遅延や延滞などの情報も扱っているのです。つまり個人情報を丸裸にした状態になるのです。ある意味恐ろしいデータバンクですよね。これを元にキャッシング会社は審査をしているのです。家族構成なども記載されていると聞いたことがあります。それとどんな家に済んでいるのかまでもが情報として載っているのです。まさに個人情報の宝庫です。この信用情報機関のデータは常に更新されていて、例えばその人がクレジットカードの申込をした、といえば即座にデータが反映されるようになっているのです。キャッシング枠の増額を申し出た場合も同様です。即座に反映されますし、そのデータを基に今までの履歴と合わせて情報を見ていくのです。過去に遅延などがあって、その会社ではこの人には貸せない、といった判断の材料として大きなウェイトを占めているのがこの信用情報機関のデータベースなのです。あまりやたらにキャッシングに申し込んだりすると、そのデータは全て載りますので注意しましょう。信用情報機関に悪いデータを残さないようにしたいものですね。それだけあなたにとってマイナス材料になってしまいますから。万が一載ってしまっても最悪5年で消えますので安心してください。悪い履歴は、その会社が抹消登録しない限り永久的に残る場合もあります。

一般の人もデータを見れるの?

2016年05月26日 10時42分

ではその信用情報機関のデータは個人でも知ることができるのでしょうか?基本的には開示はしていませんが、手数料を払えば個人にも開示してくれる機関もあります。方法は後ほど書くとして、キャッシング会社が見ているデータを自分でも知ることができるのはある意味怖いですが興味あることだと思います。自分のいろいろな情報が丸裸で載っているのですから。信用情報をきれいにしたいときなどに知ることができるのは便利ですね。あくまで知ることができるのは本人のデータのみです。他の方のデータを見たいということは出来ませんので注意しましょう。信用情報機関はキャッシングやクレジット、ローンを組む際に必ず通る道なのです。過去に履歴が残っていたとしても、それがクリーンになっていればデータベースからはずしてもらえるでしょうし、いつまでも残ってしまう場合だって少なくないのです。だから信用情報機関はキャッシング会社の最大の判断材料として扱われているのです。申し込む前に自分の情報を閲覧してみて、何か問題があれば払拭しておくのもいいでしょう。昔はこういった情報は開示してもらえませんでしたし、何より信用情報機関すらない時だってあったのです。今ではきちんとデータベース化されていますので個人情報をご自分で知りたいときなどには役に立つでしょう。でも悪用は禁物ですよ。個人で閲覧するときはあくまで参考資料程度に見るのがいいと思います。このように、信用情報機関は個人にも門戸を開いているのです。

閲覧方法は3つ

2016年05月26日 10時42分

ではどうやって個人で信用情報機関の情報を閲覧できるのでしょうか?方法は3つあります。ひとつはインターネット(オンライン)で情報を得る方法、2つ目は郵送による取り寄せでデータを見る方法、最後は窓口で閲覧する方法となっております。一番早いのはオンライン閲覧です。家にいながらにして自分の情報を即座に知ることが出来るのですからこんな便利な方法はないですよね。しかも詳細が一目瞭然なのですから。ただし決済はクレジットカードのみです。郵送で開示したい場合は日数が10日ほどかかります。申込書と本人確認書類(免許など)、そして手数料を為替にて送付しないといけません。それらをまとめて送れば10日ほどであなたの手元に開示報告書というものが届くでしょう。最後に窓口ですが、これはわざわざ信用情報機関まで出向かなくてはならないのでかなり大変です。手数料は安いですが、出向いて何分くらいで情報が閲覧できるかも分かりませんし、果たして全部開示してくれるのかといえばそうでなかったりするわけです。もし時間に余裕のある人は窓口で閲覧するもいいでしょう。このように、信用情報機関は皆さん個人にも情報を調べられるようにしているのです。どのような閲覧方法を希望するかはあなた次第です。ただし郵送やオンラインで開示の場合は手数料が窓口に比べた解雇と走っておいたほうがいいでしょう。それでも知りたいと思う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そんな人のためにこうして開示しているのです。

手数料は高い?

2016年05月26日 10時42分

では実際に信用情報機関の情報を閲覧する際の手数料について最後に見ておきましょう。一番早いオンライン開示と郵送開示はどちらも1000円かかります。そして、オンラインの場合はクレジットカードが必須となりますのでない方は郵送による申込をするしかないでしょう。窓口での閲覧を希望される方の手数料は500円です。その代わり交通費などを考えるとかなり割高になるでしょう。その代わり、その場で開示報告書という開示結果を頂くことができます。忙しくて郵送も待っていられないあなたはクレジット決済をしてすぐに見られるオンライン開示を申し込むといいでしょう。必要に応じてプリントアウトすることも可能です。
このように、信用情報機関はキャッシング会社だけのものではなく、個人にも開示できる環境を整えているのです。手数料さえ払って申し込めば最短即日には閲覧が可能となるわけです。郵送で報告書を待つ方法もそんなに急いでいなければ利用しない手はないですね。時間のある方は前述しましたが窓口にいくのもいいでしょう。手数料も安く終わりますし、必要に応じて報告書を頂くことができます。操作はタッチパネルで行うそうです。自分の個人の信用情報を知るいい機会だと思って閲覧してみてはどうでしょうか?きっとあなたの何かしら役に立つと思います。信用情報機関はいつでもあなたのことを待っているのです。これがあなたの日本における信用情報の全てなのですから。出来るならキャッシング申込前に知っておきたいものです。