キャッシングに関する審査や特徴、オンラインや携帯からのアクセス操作も簡単にできちゃうオンラインページおすすめ情報掲載中!誰でも簡単主婦にも人気の高いオンラインキャッシング審査ページです。

キャッシング審査ネットで簡単5分で申し込み

審査を通すための手順

ネットでの審査がスムーズに!

2016年05月26日 10時41分

では実際にどんな審査をしているのでしょうか。まず信用情報機関のオンラインであなたのキャッシング利用履歴を見ます。その際合わせて生年月日等の情報も見るのです。信用情報機関のデータベースにはいろいろな情報が載っているのです。それを紹介するのは5分もあれば終わるでしょう。次に申し込み情報をチェックしていきます。勤務先は明記されているか、年収はいかほどか、持ち家かそうでないのかなど項目はさまざまです。時間にして約10分程度でしょうか?申し込み内容によってはあなたに電話がかかってくるかもしれません。あくまで内容確認の電話ですので不安がらずに出ましょう。勤務先に在籍確認が必要な場合は個人名で申し込んだ先から電話が入る場合もあります。それも問題なければ、後は承認を得てキャッシング契約完了となるのです。この間約30分程度と見ていいでしょう。もっと時間をかける場合もあります。それは大口の融資を申し込んだときです。特にカードローン系に多いのですが、総量規制対象外ですので融資枠も大きく、大きな希望額を申し込んでくる人も少なくないのです。そこで審査はさらに時間がかかるのです。会社側も貸し倒れは避けたいでしょうから。その人の返済能力があるかなどを見極めるための審査をするのでさらに時間がかかるのです。そうして問題がなければ契約完了となるわけです。かいつまんで書きましたが、キャッシングにはこのような審査をしている会社がほとんどなのです。

融資限度枠の設定方法

2016年05月26日 10時41分

では融資限度額はどのように決まるのでしょうか?キャッシングの場合、銀行系カードローンは別として消費者金融には総量規制というものがかかる、と前述しました。つまり、他社のキャッシングを含めた総額が総収入の3分の1を越えない範囲なら融資枠は限度額ぎりぎりまで引き出すことが出来るのです。もちろん他社でたくさん融資を受けていればその会社での融資枠は低いものになるでしょうし、初めての融資希望の場合はその会社が定める限度額いっぱいの融資枠も設定されるでしょう。このように、総量規制の管理化の下にキャッシングの融資限度額は決まっていくのです。もちろん総量規制の対象外である銀行系カードローンにもキャッシング限度額というものは存在します。例えばその人の年収を見て、この人はいくらまでなら融資してもいいかな、といった判断をするのです。限度額が500万円のカードローン会社があったとしましょう。でも実際に融資決定した額は100万でした。なぜでしょう?その人の年収をカードローン会社が見て、この人は毎月この金額までしか返せないな、といったように判断をして、それに見合った融資限度枠を設定しているからなのです。だから大口融資が魅力の銀行系カードローンでも融資限度枠は低いものだった、というケースも少なくないのです。わかりましたか?お金はいくらでも借りられるわけではないのです。キャッシングを行う会社ではこのようにして融資限度枠を設定しているのです。

リボでバランスよく生活

2016年05月26日 10時40分

キャッシングをしたのはいいけど返済ってどうなっているんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?消費者金融でもカードローン会社でも返済はこのようになっています。月々の返済額はスライド式リボルビング払いという方式を採用している会社がほとんどです。これはどのような方法かといいますと、あなたが毎月いくら使ったかというデータが各会社に残ります。毎月の締め日までにいくら使ったかを確認し、それに対して最低いくらという返済額が会社で定められており、それをあなたに通知します。あなたはそれを毎月銀行の指定口座から引き落としにするかローンカードを使ってATMから返済すればいいのです。使った額に応じて返済額は変わりますが、毎月一定額なのである月だけ突出して返済額が大きかったということはまずないのです。これなら収支バランスを見極めることが出来ますね。一方のクレジットでのキャッシングは、毎月の利用額に応じて変動するパターンと、リボルビング返済と選ぶことが出来ます。ですので毎月返済額が違う、といったことは避けられるのです。もちろん買い物した場合は変わってくるとは思いますが。このように、月々の返済は一定額を返済していく方式をとっている会社がほとんどです。後はこの月に余裕があるときはATMから都度返済だって出来るのです。そうすれば返済額もそれに応じて減るわけです。返済額を決めるのはあくまであなた自身ですよ。借りすぎには注意しましょう。